• 小
  • 中
  • 大
 
 
トップページ > お知らせ> お知らせ 

お知らせ

 
お知らせ >> 記事詳細

2017/10/04

[本館]10月の絵本テーマ展示

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館職員C

★ 魔法使いの絵本  ★
不思議なことがたくさん。どんな魔法使いに出会えるかな?

「まほうのなべ」 ポール・ガルトン/再話・絵 晴海耕平/訳 (童話館)
 むかし、貧乏な母と娘が暮らしていました。ある日娘が食べ物を探しに森へ行きましたが、何も見つけられず泣いていました。すると、おばあさんが現れて、火にかけて“まほうのことば”を言うとオートミールがでてくるという不思議ななべをくれました。


「ちいさな魔女リトラ」 広野多珂子/作 (福音館書店)
 トーマとおかあさんはふたりで暮らしていました。ある日、おかあさんが病気になってしまいました。トーマはおかあさんが話していた、どんな病気でも治す薬を作る魔女のことを思い出し、その魔女に会いに行きます。魔女は薬を作ってくれるでしょうか?


★ 秋の絵本 ★
秋の夜長。絵本で秋を満喫してみませんか?

「くるくるくるみ」 松岡達英/作 (草炎社)
春にゆうかちゃんは、いなかのおじいちゃんとおばあちゃんの家で、くるみの料理を食べました。ゆうかちゃんは、くるみがどんなふうに木になっているか知りたくなって、秋にもう一度くるみの木を見に行きました。


「やまなしもぎ」 平田 直/再話 太田大八/絵 (福音館書店)
 “やまなし”を食べたいという病気のお母さんのために三人兄弟の長男が山へやまなしをとりに行きました。けれども、途中で出会ったおばあさんの忠告を聞かなかった長男は沼のぬしに飲み込まれてしまいました。次男も山へ行きましたが、帰ってこなかったので、三番目の三郎が山へでかけて行きました。



17:00
日付の下にがある日は休館です
  • 年間カレンダー
  • 本館
  • 分館
  •  
     
    読書の日
     
    関市立図書館だより